teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


旅行記2

 投稿者:うえきあゆみ  投稿日:2007年 9月 5日(水)12時57分9秒
編集済
  寝床は備品の銀マットを敷きキャンプ用の薄いナイロン上掛けで、明け方に涼しすぎて目が覚めた。スタッフの卓くんの薪割り音で起床、時間を忘れていてもご飯が焚けている幸せな朝。

朝食後、砂浜へ出るとヨロヨロとした不思議な足跡がすじになって海に向かっている。大ヤドカリの夜歩きだそうだ。夜、海まで行ってまた山へ戻って昼間は寝ているらしい。

10分も歩くと、山の岩肌をはじけてザンザンと流れる滝に着く。滝つぼに入ると初めは氷ってしまいそうに感じたが、ひんやり心地よい。一人ずつ頭から滝に打たれた。
さらに岩を登って木蔭に寝転ぶ。大気と水音に浸され全身が浄化されていく感じだ。

川には小さな水すましのようなのが水面を忙しく回っていて、それは捕まえられると不思議な香りを発する。香りつき消しゴムみたいな甘いフルーツもどきの匂いがするのだ。天敵はこの香りが嫌いなのだろうか、はたまたメロンパンナのめろめろパンチ攻撃か。

海は引き潮になり、前日とは様変わりしている。白いイソギンチャクの間に出たり入ったりしているニモ(カクレクマノミ)を水面上からでも見られた。熱帯魚売り場か水族館でしか見たことのないネオンテトラみたいな小さな魚もいた。30cm以上ありそうな巨大ナマコにはさすが女子は触れなかった。
大潮にはい100M先くらいのさんご礁辺りが浅瀬になり、ウニや貝の漁ができるそうだ。

スタッフの有くんに、アダンの気根を裂いたつると浜辺で拾った貝殻で手作りするストラップを習う。手芸の苦手な私より子どもの方がきれいに仕上げた。
あっという間に夕刻になり、名残惜しいが「じんぶんの里」とはお別れ。温かなスタッフと、同行してくれたかんちゃん・しみけい・あづに感謝!本当に楽しかった。

翌日は、ホテルのビーチで少し遊んでからレンタカーのカーナビを初めて利用して「古宇利島」へ向かった。「古宇利島」にはウエキが壁画になったあの写真の浜辺がある。

本島から「屋我地島」を経て、大橋は島に向かって一直線に伸びる。両サイドにエメラルドグリーンの海が広がる絶景。見たことのない海の色だった。
島を一周する道にはサトウキビ畑と山と海と青い空、開店休業のような茶屋が3軒程度でほとんど人も車も見当たらなかったが、さすがに砂浜前の駐車場はほぼ満車で浜辺はほどよく賑わっていた。

砂は白くさらさらと美しい。珊瑚のかけらを拾い、砂を空き缶に入れた。
そして、あのウエキのポーズで写真を撮りあった『ここに来たんだね・・・』と聴こえた気がした。

帰路、車に乗ると橋の手前で急な雨になる。
きっと虹が出るはずだからと橋の中間程で路駐待機すること15分。エメラルドグリーンの海に架かる虹。
このタイミングは、ウエキプレゼンツだったかもしれない。
 
 

旅行記1

 投稿者:うえきあゆみ  投稿日:2007年 9月 5日(水)02時19分55秒
  夏休み終了間近に沖縄へ行ってきた。
植木が亡くなる一ヶ月前、かなり辛い状況だった3月末に学年団同僚と出かけ遺影になった写真が写された地だ。いつか家族で行きたいと思っていたところ、父が旅費を援助してくれたおかげで今回実現した。

沖縄移住しているウエキの教え子(西高出身24歳)3名とも合流できることになり、素敵なナビゲーターと共に「じんぶん」体験を満喫した。
名護市の東海岸にひっそりと作られた観光地化されていない「じんぶんの里」は電気もガスもない自然の宝庫。ありがたいことに水は近くの滝から引いている。なんと露天風呂まである。野宿野便かとびびっていたが、高床式の宿泊棟(柱と屋根だけで壁はない)も水洗トイレもあってホッとした。

地図にない林道をビッグサンダーマウンテンかジャングルクルーズ並に車で走る、行き止まりで乗り捨て、最小限の荷物を持って山道を歩くこと20~30分。うぐいすがホーホケキョと鳴き、木の幹には大ナメクジ。猪が掘り返したという跡を踏みつつ、根を張りめぐらせた巨木ガジュマルに触れ気をいただく。この森の植物からはマイナスイオンどころじゃない本当の生命力を感じる。そして途中展望台と呼ばれる高台からのパノラマの海は絶景。山のふもとに見えるのが「じんぶんの里」だった。
野生ハイビスカスにひらひらと舞う3倍くらい大きな蝶。「チンスコウ」と鳴いているように聴こえる蝉。拳サイズの大ヤドカリは夜になるとわさわさと活動する。

薪を焚いてお釜のご飯・チャンプルー・大豆を石臼でひいて海水でつくる豆腐・おからの炒め物・じゅーしーと呼ばれる具沢山の炊き込みご飯にさんぴん茶。とにかく絶品。

アダンの林を抜けると浜辺が広がり、月夜は満月。
広がる海に写りこむ月明かりがきらきらと揺れ続け、幽玄な雲と大きく輝く星。どんな色を使ったらこの海と空が描けるのだろうと見とれているだけでいい。月が傾き雲が流れた。
 

(無題)

 投稿者:あづ  投稿日:2007年 8月24日(金)19時50分50秒
  最近、沖縄はよく雨が降ります。去年に比べたら多少は、涼しくなっているみたい。あゆみさんたちが来るときは、沖縄にきたんだって実感できるようなお天気になってくれたらいいのですが。。楽しみにまっってます!!!  

暑中お見舞い申し上げます。

 投稿者:うえきあゆみ  投稿日:2007年 8月16日(木)00時33分18秒
編集済
  >グルテンさま
柏崎には8月3~6日行ってまいりました。
実家はガスがようやく復旧し三拍子そろったところでした。全壊の家屋から見れば家屋の損傷は少ない方ですが、築80年宮大工の意地と昨年亡くなった植木の父が必死で守ったのだろう感じました。家に置いてある植木の作品が無事だった事もウエキの想いではないでしょうか。
唯一小学校に展示してある作品に少し傷ができましたが、そこは魚の水槽が全壊したフロアなので傷程度だったことが驚きです。

>こもりさま
はじめまして。ご心配くださってありがとうございました。
美大に進まれたとのこと、学校では何を専攻されたのですか。また、こちらのHPに訪ねてみてくださいね。

>85年卒業生さま
先月のミーティングの時、お嬢様が忘れていったプりキュアの小さなフィギュアはお預かりしております。今週末のお越しをお待ちしております。
で、ひょっとして・・・なんだったのでしょうか。

>かんださま
情報ありがとう!
天気予報を見るたびに沖縄の気温を気にしています。こちらも猛暑続きでヘタバッテいますので沖縄の暑さに対応できるのか心配です。
山一日・海一日・ドライブ1日できたら満喫ですね。26・27・28日のうち仕事が休みだったら御同行をお願いしたいです。
 

お久しぶりです!

 投稿者:かんだ  投稿日:2007年 8月 1日(水)21時34分5秒
  あゆみさん、お元気ですか?
八月に三人で沖縄に来るという話はだいぶ前にあづから聞いていました。…まさか、今沖縄にいませんよね。投稿するのが遅くなってしまい申し訳ないです。
さて、沖縄のダイナミックな自然が楽しめる場所なんですが、ちーぼうもみほも楽しめそうな場所と考えると、体を動かしてめいっぱい遊べる場所としては、山なら『やんばるの比地大滝』。海なら『万座毛』や『瀬底島のビーチ』がいいかと思います。
あ、それか、『じんぶん学校』なんていかがですか?何気に沖縄の人の方が知らない場所だし。安く行けるか交渉してみますよ~?
また、意外と知られていない縄の連なる山々?(丘々?)を一望したければ『玉辻山』という場所も最高です。片道1時間弱のトレッキングになりますけど…新しい沖縄の発見!みたいな気分になりますよ!
それと似て、景観だけを楽しむならば、自分としては『多野岳』という山が最高ですよ!あくまでも、天気のいい日に限りますけど。こっちは頂上まで車でで行けるんです。

って、なんか長々と申し訳ないです。とにかく沖縄に来られるときは是非連絡してください!必ず顔見せに行きますからね。
なんかあれば、いつでも連絡ください!
 

PC回復

 投稿者:うえきあゆみ  投稿日:2007年 7月28日(土)19時59分1秒
  トラブルがあって接続できませんでした。
また後ほど・・・
 

(無題)

 投稿者:85年卒業生メール  投稿日:2007年 7月21日(土)02時49分19秒
  ひょっとして…  

はじめて投稿させて貰います

 投稿者:こもり  投稿日:2007年 7月20日(金)19時26分21秒
  はじめまして。
日野高校のOBです。植木先生に大学受験の為に
個別にデッサンを教えて頂いてました。
大学入ってからも、個展に招待してもらったり、年賀状を頂いたり、大学の課題で作った作品を見て貰ったりしてました。

今回の地震で新潟に知人の居ない私は、「先生の実家あるんだよな~。」って
思って、検索していたらこのページに行き当たって・・・

被災者の方々が少しでも早く心休まる日が来ることをお祈りいたします。
 

少しだけ安心しました。

 投稿者:グルテン  投稿日:2007年 7月19日(木)20時49分47秒
  このページがあって、よかったです。
また大きな地震があった日から、先生のご実家どうしたかしら?と心配していたので。
あゆみサンに電話しても困っちゃうかな、と電話を遠慮していたので、さっきニュースを見て又心配になって、このページを読んで少しだけホッとしました。あゆみサンのご報告に感謝します。
そして、柏崎が少しでも早く復旧されますよう、心よりお祈り申し上げます。
 

ありがとうございます。

 投稿者:うえきあゆみ  投稿日:2007年 7月18日(水)10時01分50秒
  先生の実家は大丈夫でしたか?と電話やメールをくださった方々の温かいお気持ち、本当に感謝いたします。また、何かできることがあったら言ってくださいと応援もいただきました。柏崎からの要請待っています。
植木実家では昨日電気が復旧、明かりがついてほんの少しホッとできた様子ですが現状は厳しいと思います。TV報道を見ては心配するだけで、とてももどかしいのですが・・・
今朝のニュースで、実家の近所にあるコンビニがちらっと放映されたような気がしました。幼なじみのNさんが経営するお店だったのではないでしょうか?「こちらのコンビにではようやく営業が開始されました」とコメントされていました。頑張ってください。
 

レンタル掲示板
/74