teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:16/739 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

叔父さんのご冥福をお祈りいたします

 投稿者:うえきあゆみ  投稿日:2007年 9月26日(水)20時36分4秒
  通報
  鍼灸医の叔父さんが78歳で他界され、24日の葬儀に参列してまいりました。
ウエキの父(長男)が昨年8月末に亡くなり、後を追うように三男の叔父さん・・・

ウエキは帰郷すると例年「南町のおじさん」の所へ一番に挨拶に行った。
お元気な当時は、まっ昼間でも必ず冷蔵庫からビンビールを出して「お~元気かぁ」といつも朗らかな大きな声で快く迎えてくださった。子どもを連れているとおこずかいまでいただいた。そしておじさんの手は、握るだけでその人の体調を察する神の手だった。

幼い頃失明された後、鍼灸治療院を開業され35名の門下生を育てたお人柄とパワーは、畑の違うウエキにも充分魅力的だったのだと思う。
「先生は若い人とお酒が大好きでした。そして無鉄砲なところがあり、『これから坂の上から自転車で降りるから下で手を叩け!』と言うと、ノーブレーキで滑走したことが思い出されます」という葬儀委員長のご挨拶は泣き笑いを誘いました。
植木昭英でGoogle検索をかけると2件ヒットする。

まるで天国から「こっちの酒は旨いぞ~」と呼ばんばかりだ。
今頃3人は、再会を祝して盛り上がっているだろう。行ってみたい気もする。
 
 
》記事一覧表示

新着順:16/739 《前のページ | 次のページ》
/739