teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


御柱祭

 投稿者:江口  投稿日:2016年 4月26日(火)02時24分8秒
  遅くなってすみません。5/2-3、御柱祭に行く方はココに参加表明願います。3日前にわかれば良いそうなんで、28までに。電車の時間等は5/1に確認しましょう。

私は親が救急車で運ばれたりしたので、あまり遠出はしない方が良いと判断しましたので、今回は大変残念なんですが行かない事にしました。都内は近場だと思いますのでSFセミナーは行きますが。
 
 

5月1日 漂流三話

 投稿者:草場純  投稿日:2016年 4月23日(土)17時22分19秒
   中村さんは、プロジェクターを使用するそうです。スクリーンともどもご用意願います。
メモリーだけ持って行けばいいかと聞かれたので、ノートパソコンと念のためコネクターを
持参した方がいいでしょうと伝えておきました。
 

6月5日

 投稿者:草場純  投稿日:2016年 4月13日(水)23時41分1秒
   確認です。6月5日日曜日の乱学講座ですが、シリアのナーヘドさんでよろしいですね?
 5月1日日曜日の、中村孝さんの「漂流三話」は、大黒屋香光太夫、中浜万次郎と、浜田彦三ではなく重吉(漂流世界記録?)だそうです。
 

素晴らしかったです

 投稿者:崎田薫  投稿日:2016年 4月 4日(月)00時27分9秒
  久方ぶりの大宮さんの講義、とても楽しく拝聴させていただきました。
残念なのは参加者が思いの外少なかったこと
SFマガジンの告知以前に、やはりハリスンの「死の世界1」の読了が前提だったのがネックになったのでしょうか?
私的にはこの世にはこんなにも面白い本がまだまだあるのか!!と感動することしきりでした
代わりに(?)久方ぶりに原田実さんが顔を出してくれました。
また今度、講義をしてくれるとのこと。今からとても楽しみです。
ところで
今日の講義料は通常料金で良かったと思いませんか?それだけの価値はあると思うのですが
 

二次会

 投稿者:草場純  投稿日:2016年 4月 3日(日)11時14分43秒
   9時半ごろ、例の中華屋に行きます。  

4月3日

 投稿者:草場純  投稿日:2016年 3月20日(日)21時43分17秒
   せっかく大宮さんの講演なのに、都合で行けません。残念!!! 宜しくお伝えください。  

江戸しぐさの終焉の

 投稿者:崎田薫  投稿日:2016年 3月 9日(水)05時20分43秒
  アマゾンレビューが物凄い出来です。
未読の方もこれだけご覧になられても損はないと思われます
 

9月の講師

 投稿者:草場純  投稿日:2016年 3月 8日(火)03時17分19秒
   中国史の研究家の貫井正さんが、諸葛孔明の話をしてくれるそうです。  

今月の感想

 投稿者:崎田薫  投稿日:2016年 3月 7日(月)10時30分7秒
  面白かったです。特に既存の権益を損ねない範囲・領域内で「感謝貨幣」を導入しようとするあたりに現実的な落としどころを見出そうとする講師の本気を感じさせました(インフレの負の側面の解消の手段としてとらえる方には不評のようでしたが)
惜しむくらいは、
残業代を勝手にフレックスポイントとやらに変えられ、それが年度末調整とやらで勝手に消された過去や、確かに他のサイトより値段は安いけど、異様に早い期限のせいで大して欲しいものがない、残高では欲しいものが買えない(つまり新しくポイントをチャージしろってこと)、結果的に数百円分をドブに捨てたDMMポイントの苦い経験(勿論、二度と買いません)があるわたくし的にはその主張がいまひとつピンとこなかったということでしょうか

ついで、
今、現在流通しているT-ポイント、アマゾンポイントその他や、二次会でも話題になった、手付かずで回収されていた某スタバのポイント、世にもややこしい仕掛けで実質見せ金でしかないセブンポイント。古くは生協やベルマークなどの現実に施行されているものに対するリサーチ(つまり、これがどの程度まで有効なのか、その負の面は何なのか)がいささか不足しているように感じられたのも残念です

あたくしは子供に金の話を教えると安藤美紀夫の「でんでんむしの競馬」にしかならんと思います(少年兵士は簡単に人を殺す)
あの世代に必要なのはやはり、世間に揉まれりゃ放っといても覚えるものより
ウルトラマンAの「優しさを失わないでくれ。 弱い者をいたわり、互いに助け合い、 どこの国の人達とも友達 になろうとする気持ちを失わないでくれ。 例えその気持ちが何百回裏切られようと」だと思いますですだ。

んで、
二次会で話した作品については以下になります

・フレデリック・ポール 「世界を食べた男」 The Man Who Ate the World (SFマガジン 1999/2 NO.512)
*前編(?)として「黄金の時代」というのがあるらしいが未読
・ジャック・ウォマック 「テラプレーン」

二つとも絶版、しかも今回のお話といささか趣旨がズレている気が・・・
 

感謝通貨

 投稿者:草場純  投稿日:2016年 3月 7日(月)00時40分24秒
   今日の話は本当に面白かった。他からの視線によって、貨幣論が初めて分かった気がした。SF的な仮説の力を感じた。  

レンタル掲示板
/87