teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


完全なる聖化、体の復活、救い

 投稿者:喜希  投稿日:2007年 2月28日(水)10時23分41秒
編集済
  主我的愛(エロス)から解放された時が、救いの完成。
その時、わたしたちは霊のみならず体も全く清らかな復活の体に変えていただける。

しかし、今は、わたしは霊の初穂(体の復活の萌芽)を与えられ
神の子の身分とされてはいるものの、実が完全に結実しているわけではない。
まだ、地上にあって罪の残像の内に苦しみにあえいでいる。

完全な潔め、聖化、救いは、終末まで完成しない。
しかし、わたしたちの体は終末に一瞬に変えられる。
           ―――真実の愛の到来、終末を待望。

わたし(パウロ)はあなたがたに神秘を告げます。
わたしたちは皆、眠りにつくわけではありません。
わたしたちは皆、今とは異なる状態に変えられます。
最後のラッパが鳴るとともに、たちまち、一瞬のうちにです。
ラッパが鳴ると、死者は復活して朽ちない者とされ、わたしたちは変えられます。
この朽ちるべきものが朽ちないものを着、
この死ぬべきものが死なないものを必ず着ることになります。
この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。
「死は勝利にのみ込まれた。
 死よ、お前の勝利はどこにあるのか。
 死よ、お前のとげはどこにあるのか。」
        コリントの信徒への手紙Ⅱ15:51~55
 
 

聖霊の共同体・教会

 投稿者:喜希  投稿日:2007年 2月28日(水)03時41分43秒
  現代は、聖霊(復活のキリストの霊)の時代。聖霊によって教会が導かれ、
救いの完成(体の贖い、体の復活にまでいたる完全な救い)をうめきながら
待ち望んでいる時代。

*“霊”の初穂をいただいているわたしたちも、神の子とされること、
  つまり、体の贖われることを、心の中でうめきながら待ち望んでいます。
                           ―ローマ8:23―
 

愛の狂い・原罪

 投稿者:喜希  投稿日:2007年 2月28日(水)03時32分53秒
  立ち上がろうとしても、どこまでも地に足が着いていないむなしさ・・・。

原罪とは、狂った弓にたとえられる・・・。
的に向けていくら適確に弓矢を放っても、弓自体が歪んでいるため的からそれるしかない。

人間の愛は根源的に狂っている・・・
根源的愛の倒錯・・・

これが原罪・・・。
 

レンタル掲示板
/1