teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


おじぎのコード

 投稿者:原 和弘  投稿日:2018年 5月14日(月)22時04分40秒
  昨日の話で、なんとなく、お辞儀のコードに違和感がありました。
たしかにC→G→C、つまり1→5→1の事は知っていたのですが、何かがおかしい。それは、お辞儀という頭を下げる行為なのだから、1→5で音が下がり、また1で音が上がらなければいけないはずです。

では151の5はオクターブ下の5の和音ならば、音が下がって戻るので、これを家のピアノで弾いてみたのですが、おかしくはないが、下がり過ぎでした。講義でやった5度上にあがるコードと同じで、ちょっと違和感がある。結局、普通に使われるお辞儀のコードは151ですが、講義でのシンプルなコードではないと気付きました。

以下の説明で、[*]は元の下のオクターブ、(*)は上のオクターブ

講義では1のコードを135で、5のコードを57(2)でやっていました。これだと、全ての音が上がるので、違和感があります。講義のパート2でコードを回転させる話をしていましたが、
5のコードの上の57(2)の7と(2)をオクターブ下にして
[7]25とします。
するとこれは 1→[7]、3→2でどちらも下がり、5は同じなので影響なし。これだとお辞儀がしやすくなります。お試しを。

妻(元幼稚園教諭)に尋ねましたら、幾つかあるそうですが、音は上げないそうです

 
 

今月の感想です

 投稿者:崎田薫  投稿日:2018年 5月14日(月)00時15分23秒
  いやー面白かった。小学校時代にこの授業を聞いていたら音楽が何倍も好きになっていたでしょう
願わくば「熊手で弾き語り」みたいな形で書籍に纏めて欲しいです。
 収穫の一つとしては、始めて聞いた「虹」という曲が青春アニメの主題歌みたいだったこと。似せた、ということもあるのでしょうが、そもそもの「青春アニメ」の主題歌自体が校歌などに使われる捻りのないコード進行を模したがゆえなのでしょう。こういう「発見」ができるところも素晴らしかったです
 

ゲームマーケット

 投稿者:草場純  投稿日:2018年 5月 4日(金)01時10分3秒
   皆さん草場です。この5月5日、6日10~17時、東京ビッグサイト西3・4ホールにて
ゲームマーケットが開催されます。
 入場に千円かかりますが、半日楽しめると思います。もしおいでの際は私は5日土曜日は
E51 に、6日日曜日はH08 におりますので、どうぞお立ち寄りください。



 

今月の感想です

 投稿者:崎田薫  投稿日:2018年 4月 2日(月)23時18分54秒
   面白かったです。特に講師の牧さんが山田監督作品が本当に好きなのが、まさにたまこの糸電話のように、聞いている方にも伝わってきたのが耳に心地よかったです。
 今回の講座に際して「たまこラブストーリー」「けいおん 劇場版」「聲の形」を視聴し、ネットにUPされた記事も可能な限り読んできたのですが、私的には能動的にまず見ないタイプの作品でしたので、その質の高さも含めてある種のセンス・オブ・ワンダーを感じたのも収穫でした。
 ネットで今回の講座で言及した作品以外の、テレビシリーズの作品などに言及できないのが残念とおっしゃられており、こちらとしても早くから注目された山田作品の抜擢に繋がるような「顔」が見え始めたのがどのあたりからか、は是非聞きたかったので4月20日公開の新作への論評も含めた今回の講座の続編をいつか聞けたらいいなと希望しています
 

日本テレビ

 投稿者:草場純  投稿日:2018年 3月10日(土)08時50分20秒
   3月6日に放映されたそうです。



 

空っぽな太陽

 投稿者:みうら  投稿日:2018年 3月 5日(月)19時17分8秒
  楽しんでいただけましたか? 話を聞きに来ていただき、ありがとうございました。
説明不足の箇所もあって、よく伝わらなかったかもしれません。
ブログを読んでいただけると、さらにトンデモない話というのがわかるかと思います。

破壊学事始
http://zao.jp/index.php?blog=12

http://zao.jp/index.php?blog=12

 

今月の感想です

 投稿者:崎田薫  投稿日:2018年 3月 5日(月)02時16分58秒
  受講者の中には首を捻ってる方もおられましたが、私的にはセンス・オブ・ワンダーを感じられてとても面白かったです。
今回のテーマに関係して
・電気で見た宇宙と地球: 電気的宇宙論への招待
・電気的地球科学 放電・膨張・空洞
の二冊がkindleで販売されているようですので、是非はともかく興味をもたれた方は購入してみては如何でしょうか

 

大好評につき追加上映第二弾!映画 「皇帝のパン屋・パン屋の皇帝」上映会(3/5、チェコ大使館映写室):原文ママ

 投稿者:崎田薫  投稿日:2018年 2月27日(火)00時36分59秒
  http://tokyo.czechcentres.cz/program/more/promitani-filmu-cisaruv-pekar-pekaruv-cisar-v-cct5/
渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムにて開催されている「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」の一環として51年製作の未公開・非dvd作品〔おそらくは永久にdvd化されないと思われる〕がチェコ大使館で公開されるようです
私は25日に渋谷で見ましたが、小スターリン時代な上に、ほんの五年前には「対独協力」を理由にドイツ系住民の一斉追放をした時代の作品としては驚くほど政治色〔反ドイツ・反専制政治批判〕がなく、〔まあ、露骨な人民主権発言もありますが、ベースが王子と乞食なのでそんなに臭みはありません。成り代わり王子は大体こんな発言しますので〕エドワード・ケリー、ティコ・ブラーエ、ゴーレム伝説などを拾っているあたりは素直に感心します。難を言えば何分古い時代の映画なのでコメディとしては今ひとつ、という点でしょうか
ただ、チェコ大使館に入れる機会なんぞはめったにないと思われますので興味を惹かれた方は足を運ばれてみては如何でしょうか?
 

コナン・ドイルも騙された「コティングリー妖精事件」

 投稿者:崎田薫  投稿日:2018年 2月22日(木)00時53分7秒
  今月25日まで恵比寿の東京都写真美術館にて、あの「コティングリー妖精事件」の現物写真が展示されております
何でも現在は日本の研究者〔有名な井村君江氏〕の私物になっているのだそうです
ビジュアル自体はネットでいくらでも見れますが、せっかく日本にあるのだから現物を見てみるのも一興かと思われます
私見では現物がとにかく小さかったのが印象的でした。こんなに小さいんなら真偽の判定は難しいわ と
ちなみに17日のラウンジトークで聞いた話では、ドイル先生はなまじ筆がたつので論としてはかなり無茶なことを言ってるのに「読ませてしまう」のが問題なのだそうです。読んでると是非について途中でどうでもよくなってしまうのだとか。いつぞや当講座で原田実さんが宮崎康平の「まぼろしの邪馬台国』について語ったのと同じなのが楽しいですね

https://topmuseum.jp/contents/current/index.html
東京都写真美術館 「インビジブル」展 〔映像作品以外の展示は無料〕

https://www.excite.co.jp/News/bit/E1516247660447.html
コナン・ドイルも騙された「妖精写真」 捏造と判明してもなぜ人を魅了?

https://movie.walkerplus.com/mv63936/
霊的ボリシェビキ
*「コティングリー妖精事件」の年はまたロシア革命の年でもありました。
作中「妖精写真」がわりと重要な役割を果たします。
こういう映画はDVDで見てもつまらんので是非、劇場で
 

RE:日本テレビ

 投稿者:草場純  投稿日:2018年 2月 5日(月)14時03分28秒
   今連絡が来て、2月7日は延期だそうです。いつになるかは分かりませんが
いずれ放映はするみたいです。



 

レンタル掲示板
/86