teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


今月の感想です

 投稿者:薫子  投稿日:2017年 7月 3日(月)02時52分38秒
  あまりに楽しすぎて余計なことばかり言ってしまいました。
けれど、それでも感心したのが「SAOと他のMMO物の何が違うのか?」という当方のちょっと意地悪な質問に対する「SAOは寅さんです」(王道とも言える”ひねり”のなさこそが強み)という見事な回答には素直にシャッポを脱ぎました(まあ、キャラ萌えが答えだろうと思ってましたので)。次が楽しみです。
個人的にはゲームとフィクションと言いますとエンキ・ビラルの「不死者のカーニバル」におけるモノポリー(朝貢貿易しか知らないエジプト神達に「取引」と言う概念を教えるのに使う)や「冷たい赤道」の「チェスボクシング」。こないだの映画「メッセージ」で中国人達が使った「麻雀」(勝ち負けが前提にあるので宇宙人達の意思を誤認してしまう逆「ウォーゲーム」)が印象深いです。
 
 

渡辺さんからの質問

 投稿者:草場純  投稿日:2017年 6月28日(水)00時17分23秒
   7月2日日の講師、渡辺さんからの質問です。
[以下引用>
1.当日、会場には何時ごろ伺えばいいでしょうか?
2.会場にはスクリーンやプロジェクターなどありますか?
3.それらを使用したい場合、パソコンを持ち込むべきでしょうか?それとも資料のデータだけで大丈夫でしょうか?
4.ネットは使えますでしょうか?
<以上引用]

1.18時。
2.あります。
3.持ち込んでほしい(コネクターも持参してほしい)
4.使えると思う

と回答しました。これでいいかな?
 

渡辺さんから

 投稿者:草場純  投稿日:2017年 6月13日(火)22時19分9秒
   7月2日の講師の渡辺さんから以下の連絡が来ました。

お世話になっております。
ドロッセルマイヤーズ渡辺です。
気づけばあと2週間と少しですね。
そろそろネットでも告知を始めたいので、SF乱学講座のサイトに7月の予定を載せていただくことは可能でしょうか?
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5302/
公式の情報が載り次第、ドロッセルマイヤーズのtwitterでも告知を開始しようと思います。
よろしくお願いします。
 

映画「美しい星」公開 に併せて

 投稿者:薫子  投稿日:2017年 5月27日(土)10時29分2秒
  当講座ともゆかりの深い原田実氏の「三島由紀夫と宇宙友好協会」が載った
「新潮45 2017年6月号(ttp://www.shinchosha.co.jp/shincho45/)」が発売されております。原田さんの手によってコンパクトにまとめられた50-60年代UFO業界怪人紳士録はもちろん必読ですが、かつては実録犯罪雑誌な感じだった「新潮45」の、イヴァンカ・トランプから鉄人28号までがごった混ぜになった闇鍋ぶりはそれだけでも楽しいので買って損はないと思われます
(個人的なお薦めは”「慰安所」はナチの収容所と同一視されていた”/有馬哲夫 こんな目くそ鼻くそを笑う、な理屈で無謬を勝ち取れると考えてるあたりに絶望的なものを感じますね)
で、
何気に謎なのは 映画「美しい星」の「火星人のポーズ」。これ「1」が何気に20周年な、美少女ゲーム「ToHeart2」で自称「宇宙人」が似たポーズをやってましたが、共通のネタ元があるのでしょうか?(まさか「ToHeart2」を映画に取り込んだわけじゃないでしょうが)
次いで
UFOと言えばこんなものが出ておりました
『UFO手帖 創刊号』(Spファイル友の会)ttp://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-11-24
メインは、「UFO=宇宙人」に異を唱え、それ以前の妖精譚などの民俗学的アプローチからUFO現象を捉えなおそうと主張した 「孤高のUFO研究家」ジャック・ヴァレ特集 それ以外も初期の電子楽器で作られた「UFOみたいな音」は実はUFO関係者が作ってた、という驚愕の真実が明かされる「UFOと音」なども必読です
 

面白かったです

 投稿者:薫子  投稿日:2017年 5月 8日(月)09時13分53秒
  今月の感想です。

翻訳の十年留保や編集権については目から鱗でございました。
「非A3」関係のドタバタに関しましては、本朝は翻訳大国なのに、その内実は狭い交友関係の馴れ合いなんだなぁ~ということを痛感。(どうりであの本、この本の訳が出ないわけだ。)
K場さんもおっしゃっていましたが、その権威主義的側面を踏まえた上で世にもややこしい権利関係の効率化・利便化を行う組織としての日本音楽著作権協会(JASRAC)を評価するあたりにわたくしめは「ヴァルカンズ・ハマー」のラストにおける主人公の選択を思い出して勝手に萌えておりました。惜しむくらいは、その「ヴァルカンズ・ハマー」を含めた個々の作品の翻訳時における苦労などの話が聞けなかったこと
次の機会を期待します。
で、
荒川氏の黄金期未訳SF テーマ・アンソロジーシリーズは傑作ばかりとは言えませんが、目を通しておいて損はない代物です
特に今回の「脳」の巻は素直に傑作揃い。未読の方はまずここから始められては如何でしょうか?
今回のお話で大活躍してくれた盛林堂さんのサイトです
http://seirindousyobou.cart.fc2.com/?page=1


*追記 読んでないと言いましたが、実は読んでました『映画大好きポンポさん』
面白いですな
 

東八拳の練習

 投稿者:草場純  投稿日:2017年 5月 8日(月)00時29分6秒
   皆さん、草場です。以下で東八拳の練習ができます。
スタートを押すと、狐から始めて私が1秒間に1回
拳をランダムに出しますので、練習になります。
 モデルの良し悪しは言わないでください。(笑)

http://gift10.net/sandbox/tohachiken/
 

映画大好きポンポさん

 投稿者:堀田  投稿日:2017年 4月26日(水)22時28分59秒
  お薦め
『映画大好きポンポさん』
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=62252019
 

6月の予定

 投稿者:草場純  投稿日:2017年 4月21日(金)02時33分27秒
   草場です。私は6月4日は東八拳の本場所(星取り)のため、昼間は参加できません。
夜は大丈夫なのですが。
 また6月中の土日は、4日の夜以外の全てが塞がっています。
 

二次会で話題になった6月の校外学習案について

 投稿者:崎田薫子  投稿日:2017年 4月 3日(月)22時26分25秒
  以下が参考サイトになります。

バベルの塔展 4/18~7/2 http://babel2017.jp/
大英自然史博物館展 3/18~6/11 http://treasures2017.jp/

両方とも加熱しそうなゴールデンウィークから少し期間が開いていますので案外空いてるかもしれませんが、
夏の南極展やガイド付き案内等への参加でわりと乱学ともなじみある後者の、始祖鳥やらピクトダウン人の現物に
前者のブリューゲルどころがボスまで来るとあっては6月でも満員御礼でキツイかもしれません
そうなったら皆で動物園でも行きましょう

ついでに
佐倉の国立歴史民俗博物館については
https://www.rekihaku.ac.jp/
何分お城の跡地にありますので駅からでも結構歩きますが(バスは1時間に1~2本)、ここの常設展示の、日本近代史における差別問題(被差別階級にはまともな戒名すら許されなかったというのが個人的な衝撃でした)や関東大震災における朝鮮人虐殺にまで踏み込む「攻め」の姿勢は露骨な歴史修正主義がまかり通る現状下においては貴重だと思いますので行って損はないと思われます
 

7月の講師

 投稿者:草場純  投稿日:2017年 3月22日(水)01時11分41秒
   ドロッセルマイヤーの渡辺さんが、7月2日やってくれるそうです。  

レンタル掲示板
/83