teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


敗戦直後について

 投稿者:tazaemon  投稿日:2012年 9月 7日(金)22時52分20秒
返信・引用
  今日はじめて、このホームページを知りました。
具体的には下記の稿を読みたいのですが、どのようにすればよいのでしょうか。
09.03.22 663-1945年に日本人が体験したこと(3)
09.03.18 662-1945年に日本人が体験したこと(2)
09.03.14 661-1945年に日本人が体験したこと(1)
 
 

真面目なので・・・

 投稿者:トロ~リ  投稿日:2011年 5月 6日(金)17時22分55秒
返信・引用
  ブログにコメントちょうだいし、ありがとうございます
自分が感動したものをすぐに勝手にブログに転載してしまうのですが、ある意味まずいですよね
と思いつつ・・・
最近、原発のことを考えすぎて精神的にかなりダメージをくらっています
ですので、考えたくないことも考えようというのは、人によりけりかも知れないと思っています
私のようなデリケートな人間は考えすぎないことが正義のようです
何事も一筋縄で事は運ばないようですね
ただ、自分なりの結論は出ています
危険極まりない核分裂ではなく、常温核融合による発電システムを早急に製品化すれば良いという簡単な答えです
これが簡単でないのは、金儲けにならないとか、既得権によるもののようで、資金がまったく集められず、研究者も高齢化するばかりといった現状があるようです
それに関して私が考えたところで無意味なので考えませんが・・・
今回のことで、既得権構造が自分なりに理解できたので、世の中は非常に不条理な世界だということにあらためて気付かされた感じです
そういう意味では良い勉強になりました
匿名人生が平穏なので・・・
トロ~リ
 

『マージナルな14歳』

 投稿者:赤い14歳  投稿日:2010年 3月10日(水)00時07分14秒
返信・引用
  『マージナルな14歳 万華鏡の酒鬼薔薇事件』をきっかけに
村尾さんの存在を知りました。

この本を何度も読み、考えるうちに、自分が知りたいのは自分の事だったのかと
気づきました。そんなことも分からないほど自分をなくしていました。
犯行声明文を初めて読んだときは幻覚を感じたのですが、本の中の
「この世からあの世へではなく、あの世からこの世へ投げ返されてきた死体」
という記述にドキッとしたり、これまでになかった衝撃を受け、
濁りきっていた視界が少しずつクリアーになっていくように感じました。

収録されなかった、少年の作品についての考察も読んでみたかったです。
人々が作品に注目していなかったのは確かに奇妙だと感じます。
“箪笥の中の骸骨”という諺のように、普通ならずっと隠しているものを
堂々と人目に晒したところに、私は感動すら覚えました。
胴体を放置したタンク山と、頭部を置いた学校はたぶん
少年にとって天と地ほどの隔たりがある場所だったのだろうと思いました。
 

論文送信のお願い

 投稿者:張間隆蔵メール  投稿日:2010年 2月 2日(火)14時32分16秒
返信・引用
 
 
恐れ入りますがこちら宛のアドレスまで論文等を送信いただければ幸いと存じます。
 
アドレス mangrove@minos.ne.jp
 
宜しくお願い致しいます。
 
                  張間隆蔵
 
 

Re: はじめまして。

 投稿者:管理者です。  投稿日:2009年 6月27日(土)19時00分17秒
返信・引用
  > No.10[元記事へ]

浪人生ですさんへのお返事です。

ホームページの管理者です。
投稿に対するお返事が遅くなりました。
文章のコピーについて了解しました。
<白夜光虫>氏の論考はどれも秀逸で、一つずつじっくり文章と取り組んでいただくことを切に願います。
ホームページ上で起稿文を今後も掲載し続けていきますので、ご意見やご感想がありましたら、ぜひお聞かせくださるようお願いいたします。
 

はじめまして。

 投稿者:浪人生です  投稿日:2009年 6月17日(水)22時56分3秒
返信・引用
  まず、文章を一部コピーさせていだたいたことを報告いたします。転用目的ではなく、フォントと文字の大きさを変えてじっくり読みたいと思ったことが理由です。

とりあえず、コピーをすれば記録が残るとパソコンに詳しい方にお聞きしたのでお伝えいたしました。

偶然このHPにたどり着きまして、若者に関する文章をいくつか読ませていただきました。
細かい知識を伴う指摘については、私自身がまだまだ勉強不足なので簡単に判断することはできないのですが、現代の若者の問題意識のなさに対する憤慨はとても共感を覚えました。
本来、大学生が立ち上がっていくべき社会だと私も考えています。しかし、学びに主体的に関わっていこうとする若者はごくわずかです。
権力に動かされやすい世の中にますます変化しており、将来に不安を感じます。
長く感想を述べている時間がないので、短めにします。
このようなHPで、社会に対する訴え、考えをもっている人がいることを知り、少し安心しました。少しずつ読んでいきたいと思います。応援しています。
 

絶望

 投稿者:通りすがり  投稿日:2009年 5月 4日(月)07時32分18秒
返信・引用
   通りすがりの者です。昭和天皇に関する論考一気に読んでしまいました。他の論考の一覧からするとおぼろげながらスタンスが窺われる気がします。
 さて日本では、8世紀以降天皇を主とし又はその権威を借りた政治権力・支配構造が続いて来ました。これは現時点でも変わりません。英米仏のように(3国それぞれ異なる歴史ではありますが)マスとしての被支配階級(ブルジョアを含む民衆)が時の政治権力・支配権力を(武力をもって)圧倒し権力を奪取した歴史がありません。このような政治的支配権力構造の日本の事象を民衆による革命の歴史を経て確立された米英仏の「民主主義/人権」の影響を強く受けた観点から評価批判するのは困難ではないかと感じています。
これはロシアや中国の事象を理解するのが困難なのとにています。しかし日本は8世紀以降連綿と続いた基本構造ですので我々の思考や社会の事象への影響は計り知れないもの感じています。中途半端ですみません。
 

661について

 投稿者:通りすがりに近き者  投稿日:2009年 4月27日(月)16時35分6秒
返信・引用
  661について、豊下楢彦氏の『昭和天皇・マッカーサー会見』(岩波現代文庫\1,000-)をお読みになっていますか。652とも関わりますが、もし未読であれば、ぜひお読みになるべきと思います。  

Re;書籍在庫に関する返信

 投稿者:管理者メール  投稿日:2009年 1月12日(月)12時02分6秒
返信・引用
  ホームページの管理者です。
~「底が抜けた」時代の歩き方~をご愛読いただき、感謝申し上げます。
1月1日付でお問い合わせのありました書籍在庫についてですが、「書籍の紹介」のページに入手方法を掲載しております。
他の上梓した本と同様に入手していただけますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 

書籍在庫問い合わせ

 投稿者:神山睦美メール  投稿日:2009年 1月 1日(木)18時06分36秒
返信・引用
  『1969年の〈大学〉闘争』、在庫ありますか。入手方法、お知らせください。  

レンタル掲示板
/2